突然PS2をやりたくなった方へ!PCモニターやエミュでプレイする方法を徹底解説!

ps2 コントローラーゲーム
スポンサーリンク

2018年、細々と続けられていたアフターサービス打ち切りのリリースが出され、役目を終了した長寿ハード、PS2(プレイステーション2)

2019年現在ではPS5の発売も噂されるようになるなど、流石に過去のハードであるという印象が否めなくなってきました。

しかし、実は今でも最新ハードや他機種に移植されていないゲームはけっこうあるので、ふとそれらをプレイしたいと考えた時にはPS2を起動しないわけにはいかないのです。

そこで、この記事では現代でPS2をプレイしようと考えた際に遭遇した事例と、その解決方法を紹介していきます。

スポンサーリンク

1.無性に「君が望む永遠」をやりたくなった

君が望む永遠 メインビジュアル
画像出典:アニメの感想

そもそもPS2をプレイするきっかけになったのが、ageというブランドの名作ギャルゲ「君が望む永遠(通称:君望)」というタイトルをやってみたくなったためです。

同作は1990年代後半に発売されたPCゲームで、家庭用ハードではドリームキャストとPS2に移植されています。

私も昔から名作であるというのは知っていたのですが、以前ギャルゲの記事でも紹介した「White Album2」というゲームについて2chで雑談していると、「ホワルバ好きなら君望もやるべき」という意見を見かけたので、それならばと思った次第です。

心に浮かんでから行動までは早いほうなので、さっそくプレイしてみようとよくお世話になっているサイト(18禁なのでリンクは載せません)の情報から入手手段を検討しました。

すると、現状の相場ではどうやらPC版が一番安いようだったので、そこから手を出してみることに。

スポンサーリンク

2.Win10で動かないギャルゲが多いという事実を再認識…

しかし、レビューを見ていくと「Win10で君望は動きませんよ」という書き込みが複数あることに気づきます。

そう、私が使用しているPCのOSはWindows10なので、この時点でPC版が動かないという事実を認識させられてしまったのです…。

実際、過去にも私はこうした問題に直面しています。「月姫」「YU-NO」をプレイした時などですかね。

月姫 メインビジュアル画像出典:comicwalker

あくまで体感ですが、90年代後半から00年代前半に発売されたPCゲームのうち、何も考えないでWin10でも遊べるゲームは5割もないでしょう。

多少対策をすれば遊べるものは少なくないですが、君望の場合は「数分ごとにゲームが落ちる」という致命的なものであったため断念。

思えば、前に同じくageの「マブラヴ」というゲームをやろうとした時にも同じことが起こっていました。

一応マイクロソフトは過去Windowsシリーズとの完全互換をうたっていますが、正直言ってこれは大ウソなので注意が必要です。

Win7あたりまでは大半のゲームが動いたんですけどね…。

スポンサーリンク

3.PS2がPCモニターに繋がらないことを思い出す

マイクロソフトに抵抗しても仕方がないので、家庭用に移植されているバージョンの中でできるものを探す路線に切り替えました。

正直、この時点で家庭用版が発売されていないゲームは遊べなくなってしまうので、往年のPCゲームファンにはネットから隔離された状態のXPやVista機を所有されている方もいらっしゃるみたいですね。

ただ、君望の場合はDCとPS2に移植されていたので、そこから遊ぶことは可能になっています。

私はDCを持っていないので、家庭にあるPS2にてプレイする前提でいました。

しかし、そこで私はまたある問題に直面します。

現在私が使っているPCモニターにある映像入力端子とPS2に搭載されている映像出力端子が合致しない、つまりモニターとPS2を繋ぐ手段が存在しないのです。

例えば、私のモニターに存在する入力端子は「HDMI×2・VGI×1」となっていて、PS2側の出力端子と対応するものが存在しません。

どうしてこういう事態が起こってしまうのかというと、その原因は最近のPCモニター側にあります。

今時のモニターには、正直HDMI以外の接続方法が用いられることはほぼありません。

そのため、「それ以外の端子はいらないよね?」という形で他の接続方法が削られており、20代以上の方にはお馴染みの赤白ケーブルを指す場所が存在しないのです。

TVにはだいたい標準搭載されているのですが、私はTVを持っていないのでどうしようもなく…。

コメント