大学生ライターが教える!学生がアルバイトで「webライター」になる5つのメリット

ライター 仕事風景ライター生活
スポンサーリンク

大学生や短大生にとっての「アルバイト」といえば、皆さんはどのような職種を思い浮かべますか?

現役学生の私としては「塾講師」「飲食店スタッフ」あたりを挙げたいですね。

もちろん世の中には様々な学生の働き口があり、「良いバイト」も「悪いバイト」も存在するわけですが、フリーライターとして活動中の私は「アルバイトとしてのwebライター」をオススメしたいところです。

以下では、現役大学生ライターの私がメリットと注意点を解説していきますね。

スポンサーリンク

1.そもそも、大学生はwebライターになれるの?

大学 講義風景

さて、本論に入る前段階として、大学生の皆さんが疑問に思うであろう

「そもそも、アルバイト感覚でwebライターってなれるものなの?」

という点についてお答えしておきます。

結論から言えば、全く問題なくなれます。というより、むしろ

「専業でやるにはオススメしない仕事だが、アルバイトや副業でやるには絶好の職種」

とさえ言えてしまうのです。

ご存知かどうか分かりませんが、皆さんが何気なく見ているwebページの中には、こうした学生や主婦の方が執筆されているページがごまんと存在しています。

そして、こうした「副業ライター」は、たいていの場合

・クラウドワークス
・ランサーズ
・サグーワークス

といった「クラウドソージング」と呼ばれる個人の働き手とクライアントを結ぶサイトを介して仕事を獲得しています。

もちろん、用意されてる案件は良いものから悪いものまでありますが、未経験の大学生であればまずは1文字あたり0.5円~1円くらいの案件から手を出してみるとよいでしょう。

これ以下は時給換算すると割に合わなくなってしまいますし、逆にこれ以上は初心者ライターを採用する確率がほぼゼロになってしまうためです。

ただし、当然ながら全ての大学生に「webライターをやったほうがいいよ!」とは言いません。

どんな職種にも言えることですが、世の中には向き不向きが絶対にありますからね。

そこで、私的に考える「webライターを目指してみるべきな学生の特徴」をまとめてみました。

・好きとまではいかなくとも、文章を書くのがたまらないほど苦痛ではない
・ブログやnoteなどを書いている、あるいは書いてみたいと思っている
・固定シフトなどバイトの都合で予定を左右されたくない
・最低限の自己管理・PC操作ができる
だいたいこのあたりでしょうか。
もちろんすべて満たしている必要はありませんが、少なくとも文章を書くのに抵抗があるのであればライターの仕事はしないほうがいいでしょう。
スポンサーリンク

2.学生がwebライターをする5つのメリット

ここからは、いよいよ本論の「学生がwebライターをするメリット」を紹介していきたいと思います。

現役大学生ライターとして活動する私が実感したメリットばかりなので、皆さんにも自信をもって紹介できます!

1.仕事量・収入を自分の都合や予定に合わせて調整できる

手帳 予定表

アルバイトをしている学生を悩ませるのが「自分の予定とアルバイトとのバランス」ではないでしょうか。

実際、私の周りにいる学生に話を聞いても

・テスト前なのに長時間シフト入れられて辛い
・シフトが希望通り反映されなくて全然働けない
・曜日固定のシフトと予定がバッティングしてしまう

などなど、やはりアルバイトのシフト制度については不満が多いように感じます。

実際、雇用主の立場として職場を円滑に運営するためにシフトを上手く回す必要があるのは理解できますが、学生としては「そんなん知ったこっちゃねーよ」というのが正直なところでしょう。

そして、これらの悩みはwebライターとして活動することで解消される可能性が高いです。

もちろんライターの世界にも締め切りや急な仕事、逆に突然の依頼打ち切りなどは存在します。

しかし、一方で仕事量は自分で勝手に調整することができますし、もし仮に調整を許してくれないようなクライアントとはオサラバすればいいのです。

仕事量を調整するということは必然的に収入を調整することにも繋がりますから、金銭の出入りも簡単に上下させることができます。

さらに、ライティングはPCさえあれば仕事する場所を選ばないので、

・引きこもりたいのでずっと家で仕事したい
・大学の空きコマなどスキマ時間に仕事したい
・留学中に海外から仕事がしたい

などなど、非常に多様な働き方を取り入れることが可能なのです。

実際、私がフリーライターとして活動している一番大きな理由はここにありますね。

2.自己分析がスムーズにできるようになる

世の中には神羅万象無数のトピックが存在するように、ライティング対象の分野についてもやはり膨大な量が存在します。

比較的案件の多いジャンルに絞ってみても

金融・仮想通貨・転職・出会い系・携帯電話関係・VOD紹介…etc

など、挙げていけばキリがないほど…。

この中から我々ライターは対象ジャンルを絞り込んでいくわけですが、そこに際しては他人に聞くのも限度があります。

もちろん割のいいジャンルや案件の多いジャンルなどはあるにせよ、結局は「自分の得意とする、詳しい分野か?」および「自分の好きな分野か?」という点が一番大事になってきます。

必然的に自分の好きな分野に対しては詳しいことも多いでしょうし、この絞り込みがもっとも楽に、かつ効率的なライティングに直結してくるでしょう。

しかし、皆さんは「自分の好きなジャンル」および「自分の得意ジャンル」を、本当に端的な形で説明することができますか?

これができれば苦労はしないのでしょうが、いざ尋ねられると答えに窮してしまう学生さんも多いのではないでしょうか。

実際、私自身も駆け出しのころはこの点でずいぶんと悩まされたものです。

例えば、自分が好きで詳しいと思っていたジャンルが、実は好きなだけでそれほど詳しくないと、ライティングを通じて知るなんてことも…。

こうした作業を積み重ねていくと、これも就活でよく問われることになる「自己分析」が知らず知らずのうちに具現化されていくのです。

皆さんもやってみれば分かりますが、「自分を知る」ということは想像以上に難しいものですから。

コメント