学生ブログの9割は「つまらなく、読みづらい」?過去の失敗から自虐的に「ダメブログ」の特徴を指摘してみた

ライター
スポンサーリンク
スポンサーリンク

生まれたときからネット文化に親しんでいる学生にとって、ブログを立ち上げて記事を書くことは極めて容易でしょう。

それゆえに、世の中には学生ながらブログを管理する「学生ブロガー」も少なくありませんし、私もその一人です。

ところが、職業柄学生のブログを多く見る機会のある私から言わせてもらえば、いわゆる「学生ブログ」は

「9割がつまらなく、しかも読みづらい」

というのが実情。

難易度が決して高くないブログだからこそ、残念なものもかなり多くなってしまうのかもしれません。

そこで、本記事では私が見てきた「残念な学生ブログ」の特徴を「文章・コンテンツ」の二視点からまとめていきます。

ただし、この「残念な学生ブログ」の特徴については、私がブログを運営するうえでしでかしてきた「失敗談」も多く反映されており、ある意味で自虐的な記事でもあります。

スポンサーリンク

1.文章面での「残念な学生ブログ」の特徴

まず初めに、ブログの「読みやすさ」という点に結びつく文章表現において、学生にありがちな「残念なブログ記事」の特徴をまとめていきます。

この点に関しては、一応まかりなりにもwebライターとして活動中の私が言うことなので、ある程度信用してもらってもいいかもしれません。

1.文末で3連続以上同じ語尾を使ってしまう

読みやすい文章を書く上であまり意識されないものの、非常に重要なポイントになってくるのが「文末の語尾」。

ここに気を使うか否かで、文の雰囲気が大きく変わります。

ライティング初心者が「文末の語尾」で意識したいのは、

~ます。~ます。~ます。

のように、文末で3連続以上同じ語尾を使わないということです。

これはとあるクライアントに習ったテクニックなのですが、実践してみると内容がほとんど変わらないにもかかわらず、非常にメリハリのある文章が生まれることに気づきました。

では、実際に意味を変えず、語尾と関連する語順をイジった二つの文章を見てみましょう。


生まれたときからネット文化に親しんでいる学生にとって、ブログを立ち上げて記事を書くことは極めて容易です。それゆえに、世の中には学生ながらブログを管理する「学生ブロガー」も少なくありませんし、私もその一人です。ところが、職業柄学生のブログを多く見る機会のある私から言わせてもらえば、いわゆる「学生ブログ」は「9割がつまらなく、しかも読みづらい」というのが実情です。

生まれたときからネット文化に親しんでいる学生にとって、ブログを立ち上げて記事を書くことは極めて容易でしょう。それゆえに、世の中には学生ながらブログを管理する「学生ブロガー」も少なくありませんし、私もその一人です。ところが、職業柄学生のブログを多く見る機会のある私から言わせてもらえば、いわゆる「学生ブログ」は「9割がつまらなく、しかも読みづらい」というのが実情。
どこかで見たことがある文章ですよね?
そう、これは先ほど使用した導入文の語尾をそのままイジってみたものになります。
①は「~です。」という文末語尾を三度も使用したのに対して、②は「~でしょう。~です。実情。(体言止め)」と文末語尾を意図的にズラしているのです。
両者を比較してみると、おそらく後者のほうが読んでいてしっかりとした文章になっているのではないかと思います。
簡単に実践できるテクニックなのですぐに真似ができるとは思いますが、注意しなければならないのは「語尾によっては文の意味が変わってしまう」ということ。
先ほどの例でいえば「~です。」と「~でしょう。」は単なる言い換えにはなっておらず、断定と推量で異なる意味をもちます。
文末語尾をズラすときは、文意とよく相談してください。

2.読点(、)が少なすぎる

これも初心者ブロガーにありがちな特徴なのですが、とにかくだらだらと文が伸びて読点が見当たらない長文は非常に読みづらいです。

先ほどと同様、本記事内からある一節を引用して実践してみましょう。


これはとあるクライアントに習ったテクニックなのですが実践してみると内容がほとんど変わらないにもかかわらず非常にメリハリのある文章が生まれることに気づきました。

これはとあるクライアントに習ったテクニックなのですが、実践してみると内容がほとんど変わらないにもかかわらず、非常にメリハリのある文章が生まれることに気づきました。
脳内で読んでみた印象がけっこう違うことに気がつくハズ。
私の場合、①はまるで早口言葉でもしゃべっているように高速で読解している気分になりますが、②はいくらかゆったりとした文章に感じます。
もちろん、「全く読点を打たない」という方はそう多くないと思われますが、①の文章くらいであれば読点を使わずに続けて書いてしまっている、という例は何度か見たことがあります。
webライティングの場合「とにかく一文は短く」というのが定説とはいえ、時には長文で語りたいシチュエーションもあるでしょう。
そんなときは、ほどよい「間」で読点を打ってください。

ちなみに、私自身「どこで読点を打ったらいいか」という問いには、案外答えられなかったりします。

昔から「脳内で音読して切りたくなったところで読点を入れる」という書き方しかしてこなかったので、説明がひどく難しいのです。

スポンサーリンク

3.とにかくやたらと短文で改行を重ねる

直前に紹介した読点とはある意味逆の問題で、webライティングになるとやたら短文で改行を重ねてしまう文章をかなり多く見てきました。

確かに、webライティングは短文が原則、という風潮があるのは事実です。

一つの記事をしっかり読むユーザーは少なく流し見されることが多いため、なるべく手を止めさせないようにするのが理由だとか。

そのため、私もwebライティングの際には基本的に一文、多くても二~三文に一度は改行をしています。

PCだと改行が過剰に見えるかもしれませんが、当サイトのユーザーはスマホからのアクセスが7割以上。

スマホビューで観察してみると、これくらいがちょうどいいのです。

ところが、「短文で改行すればいい!」という風潮はいつしかエスカレートしていき、読点を打つタイミングごとに改行しているようなブロガーも少なくありません。

例を見ていきましょう。


もちろん「全く読点を打たない」という方はそう多くないと思われますが前者の文章くらいであれば読点を使わずに続けて書いてしまっている

という例は何度か見たことがあります。


もちろん、「全く読点を打たない」という方はそう多くないと思われますが、前者の文章くらいであれば読点を使わずに続けて書いてしまっている、という例は何度か見たことがあります。
①みたいな文章、よく胡散臭いツイッターやブログで見かけませんか?(笑)
ちなみに、なぜ改行を多く入れたがるのかというと、ツイッターであれば「タイムラインで縦長になって目立つようにする」、ブログであれば「スクロール数を増やすことで記事をかさ増しし、広告クリックの確立を上げる」、という狙いがあります。
普通に読みづらいので
みなさんは
そんなみみっちい
ブロガーにならないように
気をつけてください

コメント